News

兵庫県で自販機サイネージにリアルタイム動画放映

兵庫県合同防災訓練で防災情報発信ツールとしてメールDEドーガを使用します


日本ケーブルテレビジョンのデジタルサイネージ事業の最初のサービスである、ダイドードリンコ株式会社の自販機併設型サイネージへのコンテンツ配信システムが、9月4日に朝来市で行われる兵庫県の合同防災訓練で使用されます。
このシステムには、リアルタイムの動画制作ツールとしてメールDEドーガを搭載しており、当日、会場の訓練の様子をスマートフォンで撮影し、自販機サイネージに即時配信します。
QOLP社は、兵庫県災害対策課様と、防災分野でのモバイル端末の活用(写真、動画、位置情報のリアルタイム利用等)についての実証実験を続けていますが、この合同防災訓練での使用も、その取り組みの一環です。