News

佐渡市のユビキタスタウン事業でメールDEドーガ採用

QOLP社とインタークロス社等は、佐渡市が公募したユビキタスタウン事業(平成21年度総務省交付金事業)を受注しました。これはメール DEドーガなどを使って、市内の事業者、NPO、市民からの動画による情報発信と、内外の観光客からの情報発信をコラボレートし、「自然」「環境」「食」「伝統文 化」にこだわりを持つ人々のコミュニティの活性化に役立ててもらおうという試みです。コミュニティ機能を持ったサイトを用意するだけでなく、YouTubeや Twitterの活用も視野に入れています。また新潟県の内外数か所に設置するデジタルサイネージとも連動させてプロモーションと集客を図る予定で、デジ タルサイネージの新しい活用方法として注目を集めています。

佐渡市報に掲載されました



事業の概要図です